ブランドコンセプト

 

「BLITZER」の語源は「BLITZ=電撃」

2002年。彗星のように登場し、オールブラックのボディを持つ「BLACK2」や、まるで高級家具のようなキャビネットを備えた「BD-4」など、従来のダーツボードの概念を覆すかのような名機と衝撃を世に送り出してきた「BLITZER®」。

 

以来、家庭用エレクトロニックダーツの分野では、常にトップシェアを維持してきました。どのような分野においても、トップを走り続けることは容易ではありません。

 

「今、どういった機種が人気があるのか」、という既存市場の動向を反映した後追い的な製品開発ではなく、「どうやって今までには無い新しい魅力を持つ機種を造り上げ、ユーザーに新たな価値観を提供するか」という先行型の製品開発を心がけ、常にエレクトロニックダーツ市場をリードする製品を提案しつづけてきたことがトップシェアの原動力です。

 

そして、私たちが今までに市場に送り出してきたモデルの大半は、商品サイクルの早いゲームビジネス界においても、今なおロングセラーとなっています。

 

それは、私たちが提案した価値観が「一過性のもの」ではなく、幅広く市場に受け入れられたという証であり、私たちが目指し提案した方向性と、ユーザーが潜在的に求めていたものが一致し始めた、という証明でもあります。

 

私たちが世に送り出すダーツボード、ゲーム、それぞれには、明確な開発コンセプト、そしてターゲットとするユーザー像があります。それぞれのモデルが明確な存在意義を持つからこそ、どのモデルも競合することなく、それぞれ独自のポジションを持っており、様々なユーザーの要望に応えることが出来るのです。